ENTRY
ENTRY

HOME_MEMBER_高橋 秀明

MEMBER

HIDEAKI
TAKAHASHI
高橋 秀明
介護課長
介護をされる人の生きる姿は
介護をする人で変わる
介護をされる人の生きる姿は介護をする人で変わる
  • 総和苑に入ったきっかけ
  • 総和苑に入ったきっかけ

    25年前、お年寄りは涙を流して僕の手を握りそして僕の肩を抱き寄せました。僕が小学6年生時の高齢者施設(特別養護老人ホーム)訪問での出来事です。とても印象的でした。 中学に進学すると尊敬する教師に出会い、教師に憧れた時期もありましたが…教師の道と介護の道で迷った高校3年の時が一つの岐路でした。人生にはいくつかの岐路があると思います。どっちに進むべきか迷いもするけれど、自分の意思で選んだ道をまっすぐ歩むことが大事なことなんだなと最近実感しています。

    この仕事のやりがい

    「介護をされる人の生きる(活きる)姿は介護(支援)をする人で変わる」僕が尊敬する方の言葉で、この言葉を聞いた時に自分の介護観がかたまった気がします。専門職の知識・技術・意識(思考)を駆使して、目の前の方(入居者・利用者)の暮らしを支えていくことが私たちの仕事であり商品価値です。私たちの知識・技術・意識(思考)で「3か月前に歩けていた方が今でも歩けている」「認知症による混乱状態にある方の不安や混乱がおさまり穏やかに生活ができるようになった」「最後まで尊厳を保持して生活ができた」等成果や結果を胸を張って示せるようがんばっていきます。また、そういったことを追求し続けることが仕事のやり甲斐だと考えます。

  • 総和苑って、どんなところ?
  • 総和苑って、どんなところ?

    職場の信頼関係には2種類あると思います。「人間関係的信頼関係」「職業関係的信頼関係」です。人間関係的信頼関係はその名の通り職員同士人間関係が良好なことです。人間関係の良さは他の職員も言っている通りです。それに加え仕事には「職業関係的信頼関係」が大事だと思います。職業関係的信頼関係とは「それぞれの価値観(介護観)を尊重しつつ、目指すべき方向に向かって行動し目的を達成すること」です。この2種類の信頼関係が職員間の土台にある、それが総和苑の特徴です。

    今後の目標を教えて下さい。

    一つは、自分の商品価値【知識・技術・意識】を高めること、チーム(組織)の商品価値【知識・技術・意識】を高めることです。 二つめは、介護の社会的地位があがるために草の根運動を継続していくことです。

MESSAGE

未来の仲間へのメッセージ

人との出会いを大事にしましょう。職場内でも職場外でも「自分はこうなりたい」という人に出会えると未来は変わります。

1日の仕事の流れ

8:30 業務開始・デイケア申し送り
9:00 入所申し送り
9:15 フロア巡回
10:00 新規利用相談および面談、アセスメント資料作成、入所判定
12:00 昼食
13:00 会議開催、利用者送迎、病院・居宅訪問面接等
17:30 業務終了